7月の道友会

観測史上最短で梅雨が明けました。連日の酷暑も大変ですが水不足も懸念され大変心配です。そんな炎天下に日傘を差して汗を拭き拭き、マスクをしながら歩いている方を見ると、気の毒と言うより腹立たしくなってしまいます。どう見ても異常ではありませんか?危機への距離感を失っているとしか思えません。もういい加減ご自分の頭で考えてください、と声をかけたくなります。正受老人は『一日暮らし』で「一寸先のことを知る人は誰もいない。それなのに翌日のことをあれこれと気にすると、あるかどうかも分からないことを苦にしてしまって、翌日のことに飲み込まれてしまい、その日のことを怠りがちになってしまう。一番大事なことは、今日の只今の心。それをおろそかにして、明日があることはない」と、今・此処をしっかりと生きることが何よりも大切だと説いています。「その日暮らし」との違いをよく考えてみてください。

△ 土曜坐禅会   2日・16日 午前7時~
日曜坐禅会   10日・24日 午前7時~
           テキスト『正法眼蔵随聞記』
△ 暁天坐禅会   毎朝5時より6時まで
△ 写経会     12日(火)午後1時から

今 月 の 言 葉
白雲尽くる処是れ青山
行人は更に青山の外にあり   【禅林句集】
財を遺すは下、仕事を遺すは中、人を遺すを上とす      【後藤新平】

◆◆◆お問合せ・ご相談はこちらから◆◆◆
Tel:042-378-1707 Fax:042-379-8647


▽メールはこちらのフォームから入力してください▽

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

住所 (必須)

お問合せ内容
 法事の相談 お葬式の相談 資料請求(冊子お寺葬のすゝめ) 催し・イベントの相談 その他

自由記入欄

【個人情報の取扱い】当サイトはお客様の個人情報について、お客様の承諾が無い限り第三者に開示、提供を一切いたしません。お客様から個人情報をご提供していただき、お客様へのサービスにご利用させていただく場合があります。その目的以外には利用いたしません。ご提供いただいた個人情報を取扱うにあたり管理責任者を置き適切な管理を行っております。